So-net無料ブログ作成
検索選択

6回目で

生活保護の申請を提出した30代の女性に対して、
大阪市の職員は「職がないのであれば、ソープで働くように…」
みたいなことを言ったって報道されてましたけど本当なのでしょうか。

今のところ、大阪市はそのような話しは
聞いていないと言っているみたいですけど…。

口が滑って、つい言ってしまったって事は誰にでもあるかとは思いますけど、
こんな事は口が滑ったとかいうレベルの話じゃないですからねぇ~。

でも、本当にそんなこと言われたのなら、
言われた女性は相当ショックを受けてると思うのですが… 。

というか、二度といけない。夜になってしまいますよね。

その女性は、5回申請を断られて、
そのようなこと言われたあと、
専門家と一緒に申請を出し行って、
最終的には支給されるようになったみたいですけど… 。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。